>

薄毛治療は高額になりやすい

補助的治療で効果アップ

LED照射治療とは、頭皮に赤色のLEDを均一に照射し血行を促進させることで、毛根へ栄養と酸素の供給を良くする発毛治療です。
赤色のLEDは波長の長い光線なので、頭皮の奥まで光が到達します。そのため、LED照射治療は血流の改善だけではなく、毛根が直接刺激されて発毛増殖因子の分泌が促進されます。この他にも、安眠効果もあるので、睡眠が増えることで毛髪の成長も期待することができます。
LED照射治療は自宅でも行うことができ、一日十八分帽子型のヘアビームを被ることで、薄毛治療を行います。

LED照射治療は、補助的治療です。投薬や注入、植毛などの他の薄毛治療をメインに行い、その治療の効果を高めるための治療方法になります。

組織再生能力を利用した治療

再生医療のPRP毛髪療法は、多血小板血漿療法とも言われます。
血液の中の血小板には、組織再生能力があります。その組織再生能力を利用した薄毛の治療方法になります。
もともとPRP療法は、火傷や難治性の皮膚潰瘍、歯周病で破壊された歯肉の再生や糖尿病で壊死した細胞などの治療に用いられていました。

PRP療法では、自分自身の血液を治療に使用するので、拒絶反応などのような副作用の心配が少ない、安全性の高い治療法が特徴の治療方法になります。
十五cc程度の血液を使用し、採取した血液を遠心分離機にかけて、血小板が濃縮されたPRPに分離します。
血小板が濃縮されたPRPを薄毛部分に注入することで、薄毛を改善する治療方法になります。

半年から一年で定期的にPRP毛髪療法を行うと、発毛効果以外にも、髪にハリやコシを与える効果が期待できます。
PRP毛髪療法は、ミノキシジルなどの他の医薬品治療と合わせて治療を受けられます。


この記事をシェアする