>

薄毛になる理由

薄毛の治療を受けるには

薄毛の治療方法は、ディフェンス治療とオフェンス治療の二種類に大きく分けられます。
ディフェンス治療は、髪の毛が抜けるのを止めて、薄毛の進行を抑えることを目的とした治療になります。オフェンス治療は、発毛を促進させて髪の毛を増やすことを目的とした治療です。

薄毛の治療の場合、治療の終わりは患者が決めます。どこまで治療するか、どのようになりたいのか、の目標と治療にかかる時間や費用などを医師と話し合って、薄毛の治療方針を決めていきます。

薄毛治療は、皮膚科などの一般病院でも受けることができますが、一人一人の症状に合った適切な治療を行うには、高い専門性が求められます。
なので、薄毛の治療を行う場合には、薄毛治療を専門に行っているところで行う方が良いです。

病院に行かなくてもできる薄毛対策

病院に通うのが難しかったり、費用をかけられない場合には、市販の育毛剤や発毛剤を使用すると、手軽に薄毛対策を行うことができます。
薄毛治療と比べてると即効性はありませんが、毎日続けていれば、六か月程度で、育毛剤や発毛剤の効果が現れます。
抜け毛の減少効果や髪の毛にハリやコシを与える効果が現れ、そのまま、育毛剤や発毛剤を使い続けると、薄毛の改善の効果を得ることが期待できます。

発毛剤は、血液の流れを良くすることで、細胞に栄養を行き渡らせ、発毛を促進させて、新しい髪の毛を生やす効果があります。
育毛剤は、清潔な頭皮の状態を保つことで、髪の毛が育ちやすい環境を整え、丈夫な髪の毛を育てて、髪が抜けるのを防ぐ効果があります。


この記事をシェアする